1児の育児ママが日々のお役立ちアイテム、子育て情報、主婦の知恵などお役立ち情報を発信するブログです。

MaryのママStyle

【0歳におすすめのファーストブック】生まれたばかりの赤ちゃんに読み聞かせたい絵本<0歳0か月~>

あそび・おもちゃ・絵本

【0歳におすすめのファーストブック】生まれたばかりの赤ちゃんに読み聞かせたい絵本<0歳0か月~>

更新日:

赤ちゃんが生まれたら必ず取り入れたい絵本遊び。

生まれたばかりの赤ちゃんは絵本を読んでもらって楽しいの??
にゃんこ

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんはパパやママの声が大好き。
絵本の内容はまだわからないと思いますが、大好きなパパやママが遊んでくれることを喜んでくれます。

メアリー
大きくなっても長く遊べる絵本の読み聞かせは、ぜひ習慣づけたい遊びの一つです。

数ある絵本の中で、生まれたばかりの赤ちゃんにおすすめのファーストブックをまとめました。

MaryのママStyleでは、育児にオススメの便利グッズや子連れ旅行レポなど、育児ママにおすすめの情報をまとめてお伝えしています。

0歳の絵本遊びは親子のコミュニケーション

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ視力も弱く絵本を読み聞かせても内容まではわからないそう。

それでも0歳から絵本の読み聞かせが推奨されているのにはワケがあります。

親子のコミュニケーションで赤ちゃんに安心感が生まれる

ひざの上に赤ちゃんをのせて読み聞かせたり、向かい合って読み聞かせたり、絵本を読む際には、赤ちゃんと親の距離感が近くなりますよね。また、赤ちゃんはママやパパの声をきくと安心します。赤ちゃんとの信頼関係を築くためには、安心感をはぐくむことはとても重要です。

表情豊かになる

絵本では笑ったり、泣いたり、驚いたり、怒ったり、様々な表情が登場します。

絵本を読み聞かせるときには、ママやパパもその表情に合わせてトーンを変えたりしますよね。その声や表情を見たり聞いたりしてまねっこをし、表情豊かになっていきます。

絵本を読む習慣をつける

本を読むということは「語彙力が増える」「想像力が豊かになる」など子供だけでなく大人にもメリットがあります。

0歳の赤ちゃんは言葉やストーリーを理解することは難しいと思いますが、ストーリーが理解できる年齢になってからいきなり絵本遊びを始めてもなかなかなじめないことも。

0歳のうちから絵本を読む習慣をつけておくと、大きくなっても一人で本を読む習慣をつけることができますよ。

こちらのページでは、「はじめての絵本の読み聞かせ」にピッタリの絵本をご紹介いたします。

一緒に読みたい
【0歳におすすめ絵本】実際に読んだおすすめの絵本を月例別にまとめてご紹介します。
【0歳におすすめ絵本】月齢別に実際に読んだ絵本を紹介します

赤ちゃんとの遊びで必ず取り入れたいのが絵本の読み聞かせです。 絵本の読み聞かせは集中力アップなどいいことずくめ。我が家では息子が3か月の頃から絵本の読み聞かせを始めました。 メアリー息子の反応が良かっ ...

続きを見る

音やリズムが面白い絵本

じゃあじゃあびりびり

じゃあじゃあびりびり

はじめての絵本にオススメなのが「じゃあじゃあびりびり」

タイトルにある「みず じゃあじゃあじゃあ」や「かみ びりびりびり」をはじめ、車、飛行機、掃除機、踏切、猫など生活の中で登場する様々な音が、カラフルなイラストとともに登場する絵本です。

赤ちゃんの初めての絵本におすすめのボードブックタイプ。角も真ん丸になっていますので、赤ちゃんが触っても安心です。

赤ちゃんの初めての絵本として大変有名な絵本です。我が家では、初めて声を出して笑ってくれた絵本でした。

息子は特に「じゃあじゃあ」の部分が好きでした。泣いているときに「じゃあじゃあ」というだけでゲラゲラ笑うことも!

ボードブックタイプで端っこも丸まっているので、赤ちゃんが舐めても大丈夫。実際に飛行機を見つけて「ひこうき ぶーんだね」などと声かけをし、「じゃあじゃあびりびり」で登場した物や音を実物と結びつけることができたのも良かったです。

がたんごとん

がたんごとん

「がたんごとん」は、海辺へ向かう電車にスイカやアイス、スプーン、シャベルなどが順番に「のせてくださーい」と電車に声をかけて乗車し、みんなでビーチへ向かうお話。

繰り返される「がたんごとん」というリズムカルな音が面白くテンポよく読み聞かせられる絵本です。0歳におすすめのボードブックタイプです。

しましまぐるぐる

しましまぐるぐる

「しましまぐるぐる」は、スイカや雨などのしましま模様と、蛇やキャンディー、ソフトクリームなどのぐるぐる模様が変わりばんこに登場するボードブックタイプの絵本です。

「しましま」と「ぐるぐる」という言葉が繰り返し使われ、リズムカルな音が赤ちゃんの注目を集めます。

カラフルな色使いでまだ視力の弱い赤ちゃんにもおすすめ。

生活のなかで、しましま模様やぐるぐる模様を見つけたときに、しましまだね!ぐるぐるだね!と声をかけ、コミュニケーションにが生まれる絵本です。

色や形がはっきりした絵本

あかあかくろくろ

あかあかくろくろ

「あかあかくろくろ」は「しましまぐるぐる」と同じシリーズのボードブックタイプの絵本です。

生まれたばかりの赤ちゃんは、視力が弱く色の認識も少ないため、カラフルな絵本がおすすめ。

赤ちゃんが最初に認識するといわれる、赤・黒・白を基調にした絵本で、赤ちゃんのファーストブックにおすすめの絵本です。

ぶんぶんきいろ

ぶんぶんきいろ

「ぶんぶんきいろ」は「しましまぐるぐる」や「あかあかくろくろ」と同じシリーズの絵本。黄色・黒・白の3色を基調にした絵本で、ハチのキャラクターがバナナやプリン、ホットケーキ、おにぎり、ひよこなどに順番に止まっていくストーリーです。

「ぶんぶん」というテンポの良い言葉が繰り返し使われ、リズムカルに読める絵本です。

ボードブックタイプで赤ちゃんの絵本遊びに最適。

親子でスキンシップを楽しめる絵本

いないいないばあっ!

いないいないばあ

松谷みよ子さんの「いないいないばあっ!」は1967年に発売されてから50年以上、赤ちゃんを楽しませてきたロングセラーの絵本です。優しいタッチの絵が特徴です。

おめめを隠したネコが「にゃあにゃあが ほらほら いないいない」ページをめくると、パッチリおめめのネコが「ばあ」と登場します。次から次へと動物たちが「いないいないばあ!」をする絵本。

赤ちゃんの大好きないないいないばあ遊び。ママが表情を変化させて「ばあ!」で大きな笑顔を見せると赤ちゃんはとっても喜びますよ!

おひさま あはは

おひさまあはは

「おひさまあはは」は、太陽や動物のたくさんの笑顔が繰り返される絵本。「あはは」という笑い声とともに描かれる満面の笑みは、読んでいる大人も聞いている赤ちゃんも笑顔になれるパワーがあります。

ふと真顔になってしまうこともある育児中、赤ちゃんの笑顔を引き出すにはママの笑顔が必要です。そんなことを思い出させてくれる絵本です。

くっついた

くっついた

「くっついた」はゾウさんとゾウさんが鼻をくっつけあったり、お猿さんとお猿さんが手をつないだり、同じ動物がドンドンくっつくお話。最後には、私(子供)とお母さんがくっつき、パパもくっついて笑顔でおしまい。

読み聞かせと合わせて赤ちゃんとほっぺをくっつけあい、赤ちゃんも大人もニコニコになるお話です。

ぴょーん

ぴょーん

かえるや犬、ねこなどの動物が順番にぴょーんとジャンプするお話。「ぴょーん」の面白い点は、動物がジャンプするのと同じ方向、縦向きに開く絵本です。最後は女の子が「わたしも…ぴょーん」とジャンプをします。大きくなったら、赤ちゃんと一緒にジャプして遊びたい絵本ですね。

 

まとめ

はじめは反応を示さない赤ちゃんでも、何度も繰り返し読み聞かせることで笑ったり手を伸ばしたりと反応が見えてきます。

絵本の読み聞かせで赤ちゃんとのふれあい遊びを楽しんでくださいね。

-あそび・おもちゃ・絵本
-,

Copyright© MaryのママStyle , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.