1児の育児ママが日々のお役立ちアイテム、子育て情報、主婦の知恵などお役立ち情報を発信するブログです。

MaryのママStyle

おでかけスポット

【大嘗祭/大嘗宮一般参観】混雑予想&アクセス方法、皇居乾通り一般公開と同時見学のポイントは?

更新日:

2019年11月21日から令和の大嘗祭が行われた大嘗宮の一般参観が始まりました!

大嘗祭は一世一度の儀式。令和の大嘗祭が行われた大嘗宮の建物を見学できるのは今だけです!

スムーズに大嘗宮を見学するための情報、最新の混雑状況・今後の混雑予想・行き方・アクセス方法について解説します。

この記事でわかること

  • 大嘗宮一般参観の概要
  • 乾通り一般公開と大嘗宮はどっちから見るべき?
  • 大嘗宮一般参観のアクセス方法は?
  • 大嘗宮一般参観の混雑状況は?
  • 見学期間の混雑予想(ズバリ狙い目はいつ?)

 

 

大嘗宮の一般参観の概要

令和元年11月14日(木)及び15日(金)に大嘗祭が行われた大嘗宮。

大嘗祭は、天皇が即位後、初めて行う新嘗祭のことです。大嘗祭の詳しい説明については割愛いたしますが、ANNチャンネルでわかりやすく解説されていましたのでをチェックしてみてください。

そんな一世一度の儀式である大嘗祭が行われた建物、大嘗宮の見学ができることになりました!

大嘗宮見学の実施概要については次のとおりです。

<時期>
2019年11月21日から12月8日の18日間
※皇居乾通り一般公開は
11月30日から12月8日の9日間

<時間>
9時から16時(入場は15時まで)
※皇居乾通り一般公開は
9時から15時30分(入場は15時まで)

<料金>
無料

入場前に手荷物検査が行われます。その他注意事項については宮内庁HPを参照してください。

大嘗宮一般参観及び令和元年秋季皇居乾通り一般公開について(宮内庁HP)

大嘗宮 一般参観のアクセス方法

大嘗宮への行き方を確認しましょう。

大嘗宮一般参観の入り口である坂下門に一番近いのは、東京メトロの二重橋駅です。

やや歩きますが、地下鉄の場合、大手町駅・霞ヶ関駅・日比谷駅・桜田門駅からもアクセスできます。JRの場合、東京駅と有楽町駅の中間あたりです。

さすがの東京で、様々な駅からアクセスできますので、利便性の良い場所を選んでくださいね。

注意しなければならないこと!⇒「坂下門に直接向かってはいけません!」

二重橋交差点のあたりから坂下門まで入場列ができるため、坂下門に直接向かうと余計に歩くことになってしまう場合があります。二重橋方向に向かってください。地上を歩いていると案内が出てくるかと思います。※11/24に東京駅付近で確認したところ、行幸通りのあたりから警備と案内が出ていました。

なお、入場口と退場口が異なり、退場口の最寄り駅は竹橋駅(北桔門・平川門から出る場合)または大手町駅(大手門から出る場合)になりますので、荷物を駅に預ける場合などは注意が必要です。

詳細は、宮内庁HPにマップがアップされていますので、コチラをご覧ください。

大嘗宮一般参観、皇居乾通り一般公開 案内図(宮内庁HP)

皇居乾通りの一般参観と同時に行く場合

皇居乾通りの一般公開と大嘗宮を同時に見学する場合についてチェックしていきましょう。

(皇居乾通りとの同時見学可能期間は、2019年11月30日から12月8日までの9日間です)

乾通り一般公開の入り口は、大嘗宮一般参観の入り口と同様、坂下門です。

坂下門に入ってから、大嘗宮へ行くルートと、皇居乾通りに行くルートに分かれます。

大嘗宮と乾通りを同時に見学したい場合は、先に皇居乾通り一般公開に行ってください。

乾通り途中にある西桔橋から、大嘗宮見学ルートに合流できます。

※ただし、乾通りを最後まで見学することができません。乾通りの終点まで行くとまた坂下門に戻らなければならないので(約2㎞)、潔くあきらめるか乾通りを最後まで見学した後タクシー等で坂下門に移動しましょう…!

詳細の見学ルートは宮内庁のHPにアップされていますので、コチラをチェックしてみてくださいね。

「大嘗宮一般参観」「皇居乾通り一般公開」参観経路(宮内庁HP)

 

大嘗宮一般参観の混雑状況

気になる混雑状況について解説します。

一般参観開始の11月21日(木)は、開始前までに1400人が並び、1日を通して2万人が訪れたそうです。

ちなみに大嘗宮参観開始の翌日2019年11月22日に3年ぶりに新装オープンした渋谷パルコは開店前に2500人並んだそうです…。

比較してみると、建物の規模から考えて、大嘗宮は今のところ大混雑というほどではなさそうです。

なお、宮内庁の公式HPで現在の待ち時間をチェックすることができます。

大嘗宮一般参観及び令和元年秋季皇居乾通り一般公開について(宮内庁HP)

※ページのトップに待ち時間が公開されています。

見学者のツイッターの反応

初日に見学した方の反応をチェックしてみましょう!

初日昼前に大嘗宮を見学した方の情報です。

 

初日お昼過ぎでもさほど混雑はなかったようです。

参観時間終了間際の方の情報です。初日は、やや混むものの終日、大混雑はなかったようですね!


こちらは、2日目の11月22日(金)に参観した方の情報です。平日で雨ということもありますが、2日目も混雑はなかったようです。ただし、こちらの写真にあるとおり、整列用のコーンがすべて埋まったら数時間待ちになってしまいそうですね…。

今後の混雑予想!

大嘗宮の一般参観は、2019年11月21日(木)~12月8日(日)までの約3週間です。

2019年11月30日(土)~12月8日(金)までは、恒例の皇居乾通りの一般参観が行われ、同時に参観する方も多いと想定されますので、最も混雑するのは、11月30日(土)・12月1日(日)・7日(土)・8日(日)の4日間と予想されます。

※皇居乾通り一般公開前の土日である11月23日(土)および11月24日(日)が雨天だったため、上記4日間はさらに混雑することが予想されます。

乾通りの一般参観を希望しない方は、11月29日(金)までに大嘗宮に行くことをおすすめします!!!

平日でも参観できる方は、大嘗宮と皇居乾通りの両方を参観でき比較的空いていると想定される12月2日(月)~6日(金)までの5日間がねらい目です。

土日しか参観できない場合は、比較的空いていることが予想される12時過ぎ~閉門直前がおすすめです。

大嘗宮および皇居乾通りともに最終入場15時までですので、両方参観したい場合は14時までに行きましょう。

まとめ

令和の一世一度の儀式、大嘗祭が行われた大嘗宮の一般参観について解説しました。

大嘗宮は一般参観が終わった後、取り壊しが始まるそうです。

今しか見られませんので、ぜひ行ってみてくださいね。

-おでかけスポット

Copyright© MaryのママStyle , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.